紫陽花の咲く頃

一番好きな花は紫陽花です 一番嫌いな季節は紫陽花の咲く頃です

バズる記事の書き方 ~アクセス数アップのコツ~

先日 プチ「バズり」しました

 

通常1日のアクセス数

 

1000~1500程ですが

 

f:id:yusanoajisai:20210117233753p:plain


4000
を越えました

 

アクセス数を見ると疲れてしまうので

 

普段はほとんど見ることはありませんが

 

週間OUTの値がとても増えていた為

 

f:id:yusanoajisai:20210117234124p:plain


アクセス数の増加に気付いた次第です

 

4000という数字は

 

トップブロガー様からしたら

 

大した数字ではないかもしれませんが

 

私にとってはとても嬉しい数字です

 

ちなみに プチ「バズり」した記事はこちら

 

yusanoajisai.hatenablog.com

 

普段書いているような ふざけた記事ではなく

 

どちらかと言うと 真面目で暗い記事です

 

際どい内容だった為

 

アップすることさえ躊躇しました

 

また かなり主観的に書かせて頂いた為

 

批判コメントが寄せられるかと思いましたが

 

特になく

 

安堵しました

 

今回は どのような記事を書けば「バズる」のか

 

考えてみます

 

 

そもそも「バズる」とは

 

一般的には 「バズズ周回」を指します

 

f:id:yusanoajisai:20210117234737p:plain

 

f:id:yusanoajisai:20210117234919p:plain

「バズろうか?」

 

とフレ様に誘われたら

 

アクセの完成状況にもよりますが

 

断ることをお勧めします

 

極稀に「バズる」は

 

情報があっという間に広がる

 

アクセス数が急激に増える

 

という意味を指します

 

本記事では 「バズる(後者)」について考えてみます

 

 

バズる記事の特徴

1.タイトルに釣られる

2.暗い記事

3.共感を得る

4.誰かの悪口

 

 

1.タイトルに釣られる

ブログというものはとにかく

 

読んで頂かないことには始まりません

 

やはり タイトルに全てが懸っています

 

読者様を「釣る」くらい

 

大袈裟なタイトルが良いです

 

f:id:yusanoajisai:20210117235608p:plain


 

2.暗い記事

私がブログを書き始めて 2年程経ちましたが

 

明るく楽しい記事より

 

暗い ギリギリを攻めた記事の方が

 

評判の良い傾向があります

 

 

3.共感を得る

読者様の共感を得ることが出来れば

 

アクセス数は伸びる傾向にあります

 

人によって考え方は様々であり

 

簡単なことではありませんが

 

自分と似た思考の人」は

 

応援したいと思えるのではないでしょうか

 

f:id:yusanoajisai:20210117235713p:plain


 

4.誰かの悪口

誰かの悪口を書けば 「バズり」ます

 

誰かというのは 有名な方であればあるほど「バズり」ます

 

ただし 「バズる」と分かっていても

 

書いてはいけません

 

人を傷付けたり 不快にさせる記事は論外です

 

 

結論

 

 

狙って「バズる」より

 

自然と「バズる」方が

 

長い目で見ると 良いと考えます